消費者金融の総量規制とは何でしょうか

消費者金融でお金を借りる時には、総量規制があるのをご存知でしょうか。この総量規制というのは、一言でいえば、借り過ぎを防ぐために限度額を設けたものです。元々消費者金融は限度額を設けていなかったのですが、借り過ぎによる多重債務や債務整理を減らすため、
2010年施行の改正貸金業法に、総量規制が盛り込まれることになりました。

限度額は、借入れの名義人の年収の、3分の1に当たる金額までと決められています。たとえば年収900万円の人がお金を借りる場合は、300万円が限度額となります。とはいっても、この総量規制は、消費者金融の利用すべてに適用されます。

ですから、複数の消費者金融からお金を借りていて、その総額が300万円を超えてしまった場合は、消費者金融から新規に融資をしてもらうことはできません。

しかし、限度額を超えていても、もう少しお金を借りたいという時は、どのようにすればいいのでしょう。

その時は、総量規制対象外の消費者金融を、利用してみるといいでしょう。また銀行は、貸金業法ではなく銀行法が適用されますので、総量規制に関係なくお金を借りることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です