昔は本当にお世話になった消費者金融

消費者金融というとイメージとして、とんでもない借金という感じですが、使い方しだいでは、とても便利な存在です。

私は、数年前にはお金に本当に困っていて、周りから借りようにも借り過ぎて、これ以上は借りれないという状況の時に、消費者金融に助けてもらった経験があります。

事業を始めたばかりでお金のやり繰りが大変で、すぐにお金が必要な時は、銀行などでは融資が受けられないですから、すぐに審査が通り融資を受けられる消費者金融は、大きな助け舟です。

消費者金融を利用する場合には総量規制について意識することが必要です。

2010年の改正貸金業法の施行によって完全導入された総量規制は消費者金融を含む貸金業者の顧客への貸付の制限を課すことになりました。年収の三分の一以上の借入ができないことになりましたから、消費者金融を利用するならば、自分の年収がいくらなのか、他でどのくらいの借入をしているのかを考えないと利用できないことになります。

もちろん、すべての借入が総量規制の対象となる訳ではなく、住宅ローンのようにもともと総量規制の規定外のローンもありますし、おまとめローンのような総量規制の例外のローンもあります。そのような場合もありますが、やはり総量規制については借入について大きな足かせになってしまうことも間違いありません。

総量規制の対象外である銀行でも年収の三分の一の借入以上の融資については慎重な姿勢があることを考えれば、銀行でも消費者金融でも大きな違いはないのかもしれませんが。

しかし消費者金融でカードローンを契約しようと思ったのですが、さすがにその会社まで行って契約するというのは私にはハードルが高すぎました。なかなか単身出向くというのはできませんよね。それが一人でできる人は相当勇気がありますよね。

ですがお金を借りないわけにはいかないので、インターネットで申し込むことにしました。インターネットで調べたら無人契約機も係の人とテレビ電話でやり取りがあるみたいなので、最も楽そうなインターネットの方にしました。スマホのアプリも使えるということでしたし、対人のやりとりが無いのが何より私には重要です。

ということで家から申し込みをしてみたんですが、自宅からだと落ち着いて申し込みできて良いですね。消費者金融の申し込みページは非常に分かりやすく、どこからでも簡単にできるのでしょうが、家からだと他人を気にすることなくできるので初めて消費者金融を利用する人には良いと思います。人とのやり取りが本人確認くらいですので、人とのやり取りが苦手な人には良いですよ。

審査も即日にネットで通り、即日に限定金額であれば融資を受け取れるのはありがたく、消費者金融の会社に行かなくても消費者金融が設けているATM機器からお金を受け取れるので、一番近いATMへ向かえば良いだけで時間の融通も利きますし本当に便利です。

カードローンの返済方法はいくつかありますが、主な返済方法として口座振替があります。指定した口座から自動的に、返済金額が引き落としされるため毎月忘れずに返済することができます。
但し残高不足になってしまうと、そのまま気がつかずに返済遅延を招いてしまうリスクもあります。
そこで、残高不足に備えて、カードローンで利用できる借入枠内から自動的に立替を行う自動融資サービスの機能を提供している金融機関もあります。
参考:金利の低さが魅力の銀行カードローンのデメリットとは?|銀行系カードローン

最近は事業が上手く行って、お金を借りる必要がないですが、あの当時にお金を借りれたこそ今の私の経済力が成り立っていると言っても過言ではないです。本当に感謝です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です