昔は本当にお世話になった消費者金融

消費者金融というとイメージとして、とんでもない借金という感じですが、使い方しだいでは、とても便利な存在です。

私は、数年前にはお金に本当に困っていて、周りから借りようにも借り過ぎて、これ以上は借りれないという状況の時に、消費者金融に助けてもらった経験があります。

事業を始めたばかりでお金のやり繰りが大変で、すぐにお金が必要な時は、銀行などでは融資が受けられないですから、すぐに審査が通り融資を受けられる消費者金融は、大きな助け舟です。

消費者金融を利用する場合には総量規制について意識することが必要です。

2010年の改正貸金業法の施行によって完全導入された総量規制は消費者金融を含む貸金業者の顧客への貸付の制限を課すことになりました。年収の三分の一以上の借入ができないことになりましたから、消費者金融を利用するならば、自分の年収がいくらなのか、他でどのくらいの借入をしているのかを考えないと利用できないことになります。

もちろん、すべての借入が総量規制の対象となる訳ではなく、住宅ローンのようにもともと総量規制の規定外のローンもありますし、おまとめローンのような総量規制の例外のローンもあります。そのような場合もありますが、やはり総量規制については借入について大きな足かせになってしまうことも間違いありません。

総量規制の対象外である銀行でも年収の三分の一の借入以上の融資については慎重な姿勢があることを考えれば、銀行でも消費者金融でも大きな違いはないのかもしれませんが。

しかし消費者金融でカードローンを契約しようと思ったのですが、さすがにその会社まで行って契約するというのは私にはハードルが高すぎました。なかなか単身出向くというのはできませんよね。それが一人でできる人は相当勇気がありますよね。

ですがお金を借りないわけにはいかないので、インターネットで申し込むことにしました。インターネットで調べたら無人契約機も係の人とテレビ電話でやり取りがあるみたいなので、最も楽そうなインターネットの方にしました。スマホのアプリも使えるということでしたし、対人のやりとりが無いのが何より私には重要です。

ということで家から申し込みをしてみたんですが、自宅からだと落ち着いて申し込みできて良いですね。消費者金融の申し込みページは非常に分かりやすく、どこからでも簡単にできるのでしょうが、家からだと他人を気にすることなくできるので初めて消費者金融を利用する人には良いと思います。人とのやり取りが本人確認くらいですので、人とのやり取りが苦手な人には良いですよ。

審査も即日にネットで通り、即日に限定金額であれば融資を受け取れるのはありがたく、消費者金融の会社に行かなくても消費者金融が設けているATM機器からお金を受け取れるので、一番近いATMへ向かえば良いだけで時間の融通も利きますし本当に便利です。

カードローンの返済方法はいくつかありますが、主な返済方法として口座振替があります。指定した口座から自動的に、返済金額が引き落としされるため毎月忘れずに返済することができます。
但し残高不足になってしまうと、そのまま気がつかずに返済遅延を招いてしまうリスクもあります。
そこで、残高不足に備えて、カードローンで利用できる借入枠内から自動的に立替を行う自動融資サービスの機能を提供している金融機関もあります。
参考:金利の低さが魅力の銀行カードローンのデメリットとは?|銀行系カードローン

最近は事業が上手く行って、お金を借りる必要がないですが、あの当時にお金を借りれたこそ今の私の経済力が成り立っていると言っても過言ではないです。本当に感謝です。

消費者金融で借りることで助けられている

消費者金融で働いている友人はいわゆる取り立て専門です。
もちもとそういう方面に興味を持っていたのですが、銀行系よりもそっちの方が将来的に明るいと考えての決断でした。

有能であれば引く手あまたでしょうから働き先に困っている様子は全くありません。
逆に私はしがないフリーターをしているのでどうしても消費者金融と聞くと庶民の味方なイメージな気がしてなりませんでした。

というのも、あまり収入がないせいか高額な買い物の場合には決まって消費者金融からお金を借りるような生活スタイルだったんです。

貯金をして買えばもちろんいいのかもしれませんが、手元の現金が減るのがなによりも嫌だったんですよね。

クレジットカードも持ってはいましたが、やっぱり消費者金融の方がなにかと親切と言う勝手なイメージもありました。

そういうわけでで友人の務めている消費者金融でお金を借りることもあるのですが、返済には全く遅れることもないので逆にいいお客だと自分では自負しています。

貯金が一気に無くなったので消費者金融を利用しました。

もう少しで目標額に貯金が達するところだったのに、車の修理代で消えてしまいました。自分の家の壁に自分でぶつけてしまったので自業自得なんですけどね。幸いケガもありませんでしたし、壁の方も目の前の岩のおかげで修理がいらない程度の損傷だったので良かったです。

ですが、コツこと貯めてきたお金が一気に無くなってしまったのはショックでした。目標額まで本当にあともう少しというところだったんです。

なので、思い切って消費者金融で借金することにしました。また一から貯金するのはちょっと精神的に耐えられそうも無かったんです。

ということで、早速インターネットから申し込んだんですが、今はその日の内にお金が借りられるんですね。ちょっと驚きでした。

というか、最初から消費者金融を利用しておけば良かったです。返済自体もそんなにきつくはない設定ですし、すぐに欲しいものが買えるし良いことだらけだったんじゃないかと思います。

まぁ過ぎてしまったものはしょうがないですね。これからは何か欲しいものができたら迷わず消費者金融を利用しようと思います。

消費者金融の総量規制とは何でしょうか

消費者金融でお金を借りる時には、総量規制があるのをご存知でしょうか。この総量規制というのは、一言でいえば、借り過ぎを防ぐために限度額を設けたものです。元々消費者金融は限度額を設けていなかったのですが、借り過ぎによる多重債務や債務整理を減らすため、
2010年施行の改正貸金業法に、総量規制が盛り込まれることになりました。

限度額は、借入れの名義人の年収の、3分の1に当たる金額までと決められています。たとえば年収900万円の人がお金を借りる場合は、300万円が限度額となります。とはいっても、この総量規制は、消費者金融の利用すべてに適用されます。

ですから、複数の消費者金融からお金を借りていて、その総額が300万円を超えてしまった場合は、消費者金融から新規に融資をしてもらうことはできません。

しかし、限度額を超えていても、もう少しお金を借りたいという時は、どのようにすればいいのでしょう。

その時は、総量規制対象外の消費者金融を、利用してみるといいでしょう。また銀行は、貸金業法ではなく銀行法が適用されますので、総量規制に関係なくお金を借りることができます。

インターネットでの申し込みにしました。

消費者金融でカードローンを契約しようと思ったのですが、さすがにその会社まで行って契約するというのは私にはハードルが高すぎました。なかなか単身出向くというのはできませんよね。それが一人でできる人は相当勇気がありますよね。

ですがお金を借りないわけにはいかないので、インターネットで申し込むことにしました。

インターネットで調べたら無人契約機も係の人とテレビ電話でやり取りがあるみたいなので、最も楽そうなインターネットの方にしました。スマホのアプリも使えるということでしたし、対人のやりとりが無いのが何より私には重要です。

ということで家から申し込みをしてみたんですが、自宅からだと落ち着いて申し込みできて良いですね。

消費者金融の申し込みページは非常に分かりやすく、どこからでも簡単にできるのでしょうが、家からだと他人を気にすることなくできるので初めて消費者金融を利用する人には良いと思います。

人とのやり取りが本人確認くらいですので、人とのやり取りが苦手な人には良いですよ。

消費者金融ごとの違いが分かりません。

カードローン契約するのに、どこの消費者金融が良いのか決めきれなかったので、テレビCMに出ているタレントで決めました。

それくらいどの消費者金融を利用するのか決めるのは難しい問題ですよね。銀行と消費者金融の違いなら多少分かるのですが、消費者金融同士でどこが良いのかとなると途端に難易度が上がります。私のような素人には違いが見つけられないんですよね。

消費者金融の口コミなどを見て、サポートの人の態度が悪いとか、電話対応が悪いとか書かれていたりしますが・・・それも人によりますもんね。たまたま態度の悪い人に当たるなんてことはよくある話です。

どの会社にもそういう人はいるでしょうし、それだけでは決められません。

となると他に何か違いがあるのか・・・ということでタレントになってしまうんです。それ以外に消費者金融によって何か違いがあるのでしょうか?

契約する為の自動契約機なんかも私の家の近くでは同じ敷地内にあったりすることが多いですし、各社スマホのアプリなども出ていますし・・・何か明確な違いがあるのならぜひ教えてもらいたいです。

消費者金融の広告やCMはうまい

よくテレビでも、消費者金融のCMを見かけることが多いです。
それで、そのCMのほとんどがうまくできています。

何がうまいかと言ったら、消費者金融って本当に便利!というイメージを最大限に伝えようとしているところ。
CMキャラクターも一流どころが多く、清潔誠実そうな人の場合がおおいです。
雰囲気で言ったら、生命保険や医療関係のCMに似ている感じすらします。
現在だったら、阿部寛さんや、永作博美さん、など、若くてきれいというよりはある程度の年齢で頼りがいがあるといったキャラクターでしょうか。

そして、CMの内容も、一定期間金利無用。といった感じの消費者が喜びそうな内容。見ている時、お金に困っていたらついつい金利無料期間だけでも借り入れをしようかな?と思ってしまいそうになります。
で、実際に借りたら便利なのでついつい困ったときに利用してしまうようになっていくのです。

本当に、お金のことを考える時、消費者金融をあてにした計算をしてしまうようになって、だんだんと借りることが当たり前になっていくのですね。
困ったときに利用するのは本当に便利ですが、あまりあてにしすぎるのもよくないかもしれません。